在学生の皆様へ

 

受講案内

修論研究の紹介

平成30年度修論題目

環境科学専攻

●ハツカダイコンのオゾン耐性の品種間差とそのメカニズム解明
●日本庭園における癒しの効果-心田庵を事例として-
●中国における公共交通指向型開発の実態に関する研究-瀋陽市を事例として-
●天津市における水資源問題に関する研究‐総合的な水管理の視点から
●フタホシコオロギの嗅覚学習に対するPPCPS(テオフィリン、フルオキセチン)の影響
●プロモータートラップ法を用いた実用酵母における多重遺伝子導入系の構築
●メダカ臀鰭の二次性徴形質を利用した化学物質の性ホルモン作用評価の試験法への適用に関する研究
●木材腐朽菌を用いた木くずの分解(ビーカー実験・硝酸塩添加)
●フラボノイドによる動物培養細胞の増殖抑制効果に関する研究
●長崎県で栽培されるイネ(ヒノヒカリ,にこまる)の収量と品質に対する気温上昇の影響とその品種間差異
●インヨウカク経口摂取がラット中枢神経機能に及ぼす影響評価
●チゴガニのウェービングおよび接近行動に対するネオニコチノイドの影響
●現在の遠隔地における蘚苔類に含まれる原発事故由来の放射性物質
●木材腐朽菌を用いた木くずの分解(カラム実験・鉛直分布)
●海面処分場埋立層の安定化促進-硝酸塩注入による好気化と炭素の収支2-
●日常生活における温熱環境と温度適応に関する研究
●島原半島の地下水流動解析
●内モンゴルOrdos盆地Dosit川の下流における多変量解析による地下水水質の分類
●パセリ粉末がラットの学習記憶能に及ぼす影響評価
●抗うつ剤がチゴガニのウェービングおよび接近行動に及ぼす影響
●ストレス曝露がラット学習記憶能に及ぼす影響およびこれに対するビタミンCの効果に関する研究
●海面処分場埋立層の安定化促進-硝酸塩注入による好気化と炭素の収支-

access map

周辺地図

contact

お問い合わせ

国立大学法人
長崎大学環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

link

国立大学法人 長崎大学
長崎大学環境科学部同窓会緑友会(facebookページ)

PAGE TOP

▲ PAGE TOP

国立大学法人 長崎大学 環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

Copyright © Faculty of Environmental Science, Nagasaki University.
All rights reserved.