在学生の皆様へ

 

受講案内

修論研究の紹介

平成29年度修論題目

環境科学専攻

●歴史調査に基づく長崎県庁跡地の利活用に関する研究と提案
●フィリピン・タクロバンにおける台風第30号被災後の再定住地移転に関する研究
●中国における大気汚染回避行動に関する計量分析
●大気由来の化学物質による細胞増殖への影響評価と原因物質の同定
●環境調和型有機合成を指向した有機及び無機塩触媒反応系の開発
●中度好塩性細菌ハロモナスによる廃バイオマス由来の炭素・窒素源からのエクトイン生産
●火山灰土における塩吸着機構を考慮した反応輸送特性について
●アンモニウム塩触媒の水素結合供与性を活用した環境調和型有機合成反応の開拓
●倍数性の異なるフナ類の共存を可能にする環境要因の解明
●ミナミメダカ臀鰭鰭条における性特異的形質発現に関与する性ホルモン受容体サブタイプの探索
●ミジンコ慢性毒性試験を軸とした越境大気汚染の複合的評価
●越境大気汚染物質候補化合物の有機合成とその物性
●生息環境の違いがアユ河川集団の表現形質に及ぼす影響の解明
●高糖負荷時の認知学習記憶能に及ぼすマメ科植物クズ(葛根)の影響評価
●表計算ソフトを用いた土壌侵食による流出土砂量評価モデルの開発
●越境大気及び家庭排水に含まれるヘテロサイクリックアミン類の存在の有無に関する研究
●新規二官能性オニウム塩触媒の創製と環境調和型精密有機合成反応への適用
●環境保護意識と不安に関する日中の比較

access map

周辺地図

contact

お問い合わせ

国立大学法人
長崎大学環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

link

国立大学法人 長崎大学
長崎大学環境科学部同窓会緑友会(facebookページ)

PAGE TOP

▲ PAGE TOP

国立大学法人 長崎大学 環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

Copyright © Faculty of Environmental Science, Nagasaki University.
All rights reserved.