在学生の皆様へ


受講案内

修論研究の紹介

平成23年度修論題目

環境共生政策学専攻

●大学における環境マネジメントシステムの運用手法に関する考察―長崎大学環境科学部を事例として―
●中国の新失業群問題について
●別様の物語りをもとめて――長崎における被爆体験の継承活動にみる可能性と課題――
●日本と中国における小学校英語教育の比較 教員の意識調査について
●中国における自動車排出ガスのインプリメンテーション ―ディーゼル車の日中比較―
●Valuation of social benefits on conservation of cultural heritage site in Kazakhstan
●中国の「農家楽」について
●長崎大学環境科学部環境保全設計コースの英語教育について
●日本と中国の環境政策 ―市民の関与とその価値観の反映の視点から―

環境保全設計学専攻

●負化学イオン化GC/MSを用いた河川水中のエストロゲン様化学物質の高感度分析
●毛髪中のミネラル量とアトピー性皮膚炎発症との関連の解析
●ポリウレタンエラストマーの導電性におよぼすイオン液体の影響
●生活雑排水等に含まれる医薬品類をマーカーとした河川水の汚濁分類法の開発
●諫早湾干拓地調整池への汚濁負荷軽減対策に関する研究
●ビスフェノールA周産期曝露の雄性ラット中枢神経機能に及ぼす影響についての研究
●2液硬化型水系ポリウレタンの硬化におよぼす種々の因子の影響
●漁港底質中における有機スズ化合物の実態把握と経年変化
●音景観の定量的評価に関する研究

access map

周辺地図

contact

お問い合わせ

国立大学法人
長崎大学環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

link

国立大学法人 長崎大学
長崎大学環境科学部同窓会緑友会(facebookページ)

PAGE TOP

▲ PAGE TOP

国立大学法人 長崎大学 環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

Copyright © Faculty of Environmental Science, Nagasaki University.
All rights reserved.