在学生の皆様へ


就職・進学案内

資格について

環境科学部の先輩達は、このような資格を取得しています!

学部のカリキュラムで取得できる資格

社会調査士(H23年度15名、H24年度6名)
環境再生医(H21年度3人、H22年度17人、H23年度13人、平成24年度10人)
高等学校教諭一種免許状(公民)・(理科)※平成28年度入学生より

学部在学時に個人で取得したもの

【環境政策コース】
秘書技能検定、商業簿記、総合旅程管理主任者、国内旅程管理主任者、国内旅行業務取扱管理者、長崎歴史文化観光検定2級、ホームヘルパー2級、環境社会検定試験(ECO検定)

【環境保全設計コース】
環境計量士(濃度)、気象予報士、統計データ分析士、環境社会検定、危険物取扱者(丙)、簿記2級、ビオトープ管理士2級

大学院在学時に個人で取得したもの

第1種放射線取扱主任者、公害防止管理者第1種、危険物取扱者(甲)、危険物取扱者(乙)、毒物劇物取扱責任者

資格いろいろ!あんな資格、こんな資格

【社会調査士】
社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向等をとらえることのできる能力を有する「調査の専門家」のことです。
社会調査士資格には、「社会調査士」と「専門社会調査士」の2種類があります。(専門社会調査士は、原則として社会調査士資格取得者に対する大学院レベルの資格であり、
長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科ではH24年度入学者より資格取得可能です。)資格の認定は、一般社団法人社会調査協会が行います。
これまでに資格制度に参加した大学は、55校(H23年)となっています。

【環境計量士】
計量法に基づく経済産業省所管の国家資格です。環境に関する濃度等はテレビや新聞などでよく目にしますが、これらの値は信用できるものでしょうか。この計量結果を証明するには、環境計量士の資格が必要です。

【気象予報士】
誰もが気象予報を行ったら、ある予報士は雨、ある予報士は晴れなど、まったく違った予報になり、混乱してしまうでしょうね。
予報には、傘を持って行くかどうかというかわいい話から、土砂災害が起こるかという重大な責任を伴う場面まであります。
気象情報が不適切に流されることによって社会に混乱を引き起こすことの無いように、予報業務を行う事業者は、現象の予想を気象予報士に行わせる義務があります。

【放射線取扱主任者】
放射性同位元素や放射線発生装置を使用する業者等は、放射線障害の防止について監督を行うために放射線取扱主任者を選任することが義務付けられています。

【公害防止管理者】
製造業・エネルギー供給業等特定の工場では、排出水、排出ガス等に含まれる汚染物質濃度の調査等を行い、その工場が周辺に公害を引き起こさないように管理する者を選任する義務があり、
この管理者になるには公害防止管理者の資格が必要です。

【危険物取扱者】
「消防法」などで定められた国家資格であり、化学工場やガソリンスタンド等の施設には危険物取扱者を配置することが義務づけられています。
資格取得者が危険物の取り扱い・定期点検・保安監督を行います。

資格取得者を会社に置くことが義務付けられている、ということは、その会社は資格取得者を社員としておかなければいけない、ということになります。
したがって、みなさんがその資格を取得していれば、採用選考時(みなさんの就職活動時)に企業から一目置かれる可能性があります。
働き始めてから取得を促される場合もあります。働き始めてから、日々の業務をこなし、家に帰ってから勉強するのはとても大変ですよ。

access map

周辺地図

contact

お問い合わせ

国立大学法人
長崎大学環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

link

国立大学法人 長崎大学

PAGE TOP

▲ PAGE TOP

国立大学法人 長崎大学 環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

Copyright © Faculty of Environmental Science, Nagasaki University.
All rights reserved.