在学生の皆様へ


就職・進学案内

就職への心がけ

環境問題をはじめとしてあらゆる問題の解決には、総合的視野での取組が必要です。
企業の社会的責任の概念が定着してきている近年、多くの企業は環境問題から逃れることはできません。
企業の環境への関心は、第一はビジネスとしての環境問題(水処理機器、エネルギー発生施設製造など)で、第二は自社の工場の生産過程での環境負荷問題(工場廃液・排ガスなど)があります。第三はほとんどの企業がその活動によって産業廃棄物を排出する問題です。

社会全体で循環型社会に移行しつつある現在、企業にとって程度の差こそあれ、環境問題は積極的に取り組まなければならない問題です。

したがって、環境問題を主として専攻した上に、その他の様々な問題についても総合的に取組むことができる環境科学部生の就職先は、あらゆる分野の企業、研究所、大学、官庁などが考えられます。

POINT.自分をアピールする

企業は選考過程において、ペーパー・テストを実施した後、学生に対して集団面接を含む面接を何度か行います。その時、次のような学生が高く評価される傾向があります。
●自分の考えを持ち、それを主張できる学生。志望する企業の業務内容を知っていて、採用されたら自分の力をどう発揮したいのか、会社の発展のためにどういうことをやりたいのか、などについて具体的に自己アピールできる学生。
すなわち、コミュニケーション能力とどんな職務にでも積極的に取組もうとする姿勢が求められます。
●健康的で明るくファイトがあって、社会人としてふさわしいマナーを有する学生。
●能動的に学生生活を送っていた学生。例えば、部活やサークルなどで中心的な役割を果たしていた学生。
このような学生を、企業のみならず官庁でも求めていると思われます。

POINT.世の中の出来事を知る

新聞を良く読み、国内外で実際に起こっている政治経済問題に興味関心を持つことによって、社会人へのソフトランディングを心がけることが大切です。
社会で問題になっている事柄を知っていることはもちろん、それに対して自分の意見を用意することが必要です。
勉学、部活、スポーツなど大学生活をしっかり楽しみながら自分を磨き、環境問題に限らず興味のある分野を早く見つけ出し、自分の進むべき道を見定めることが何よりも大切です。
また、指導教員に就職活動や進路について大いに相談するとともに、正しい言葉づかいで目上と話す訓練も社会人になる準備として大切です。

公務員を志望する学生は、志望する官庁の業務内容、応募方法、試験区分などを十分に理解した上で、早めに受けるべき試験と区分を選択して、受験体制を整える必要があります。
公務員試験には、専門職種毎に試験があり、一次試験が筆記試験、二次試験は面接という形式が一般的です。
試験が行われる時期の順もおおよそ固定しており、国家I種、国家II種、都道府県庁、市役所などの順です。
国家公務員I種、II種やその他の国家公務員を希望する学生は、希望する公務員試験を受験し合格すると、人事院又は人事院の地方事務所等の合格者名簿に登載されます。
その後、希望する官庁の採用試験を受験し合格すると採用となります。
県庁や市役所などの地方公務員の場合は、地方公務員試験の最終合格者=採用者ということになります。
不況に強いということで、公務員志望者が多くなっている反面、行政改革の一貫として公務員数の削減も着実に行われており、用意周到な準備と努力が必要です。
なお、長崎大学に環境科学部が設立したことを受け、長崎県職員に「環境科学職」という枠が設けられました。
環境科学部生が受験しやすい職種ですので、長崎県職員の受験を考えている学生は、「環境科学職」で受験することも考えて下さい。なお、キャリアプラザには門外不出の過去のデータがありますのでご利用下さい。
長崎大学生協と長崎大学が提携して、三年生を対象とした「公務員対策講座」が開設されています。授業料は市場価格の半値くらいと安くなっています。
大学全体で毎年100名を超える受講生が参加し、環境科学部からも毎年20~30名近くが参加しています。
TOEIC対策講座も生協と提携して始めました。
POINT.キャリアプラザを利用する

環境科学部では厳しい就職環境に備えて、学生支援のために就職委員会を組織し、三・四年生向けのガイダンスを年間15回ほど開催しています。
内容はマナー講座、面接対策やエントリーシートの書き方講座、企業等の方の話、卒業間近の先輩からのアドバイス等です。
また、環境科学部の就活生を総合的に支援するために、学部の「キャリアプラザ」を開設しています。積極的に利用してください。
就職関係の図書や情報誌、企業からの求人情報を整理し、就職情報やキャリアに関する情報を学生の閲覧に供しています。インターネットに接続させたパソコン2台を設置しており利用が可能です。
また、キャリアプラザには、専任の職員を設置しています。面接指導やエントリーシートの添削を受けられます。

POINT.就職支援室を活用する

大学のキャリア支援センターも利用して下さい。
キャリア支援センターでは、環境科学部のキャリアプラザと同様に面接指導やエントリーシートの添削を受けたり、就職活動に関する相談をすることができます。
また、就職情報総合支援システム:NU-Naviで長崎大学に集まる求人情報を閲覧や検索ができます。長崎大学生を採用したいと考えている企業からの求人ですから、採用意欲が高くミスマッチを防ぐことができます。このNU-Naviは就職活動の必須の1つです。
この他にも、大学主催の面接練習や講演なども、学部主催のものと同様に年間を通して何度も開催されていますので、積極的に活用してください。

access map

周辺地図

contact

お問い合わせ

国立大学法人
長崎大学環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

link

国立大学法人 長崎大学

PAGE TOP

▲ PAGE TOP

国立大学法人 長崎大学 環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

Copyright © Faculty of Environmental Science, Nagasaki University.
All rights reserved.