新着情報

総合環境研究

2007/08/20[総合環境研究]

【総合環境研究】環境科学部創立10周年記念特別号/平成19年8月

【目次】(⇒附属図書館リポジトリへ
●In Vivo Evaluation of 4-Methy1-2,4-bis(4-hydroxyphenyl)pent-1-ene(MBP),a Bisphenol A Metabolite,Using the Nematode Caenorhabditis elegans

Shinya KOHRA,Daisuke INOUE,Akemi YAMAGUCHI,Yuji TAKAO,Nobuaki TOMINAGA,Koji ARIZONO and Kazuo UEDA/1

●Sythesis and Fluorescence of 2-pyrone Derivatives for Electroluminescence Devices

Yoshinori TOMINAGA,Naoko MIZUYAMA,Yuka MURAKAMI,Shinya KOHRA,Kyoko HIRAOKA and Kazuo UEDA/7

●タッチパネルを用いたアンケート調査システムの開発と応用

森 弘行・中村 剛/33

●イオン基の種類と存在位置がイオン性ポリウレタンエラストマーの性質に及ぼす影響

平岡教子・山下満里子・齋野平亮・深草和美・松尾善明/39

●長崎大学文教キャンパスに生活するノネコに見られる社会的集会

土肥昭夫・篠崎桃子・寺西あゆみ・伊澤雅子/45

●長崎県南部地方における豪雨と地形

荒生公雄/59

●政策文書の紹介:改訂 EU 持続可能な発展戦略の概略

和達容子/73

●多様化する就業構造とその課題

浜 民夫/81

●儒教の環境思想

佐久間正/99

●「住む」の表象と居住空間について -ベンヤミン、クラカウアーの場合-

園田尚弘/111

●五島の民間宗教者について -ライフヒストリー調査についての覚え書き-

福島邦夫/119

●環境問題の指標として昭和30年代 -自然との持続的関係性を考えるためのひとつの試み-

吉田雅章/129

●中国古代の環境思想史

連 清吉/139

●超克論の原点としての生田長江 -「近代の超克」再考(その2)-

菅原 潤/149

●反環境、あるいはエコロジーの詩学 -マクルーハン理論の再布置化に向けて-

葉柳和則/157

●環境教育における近未来映画利用の可能性 -『ソイレント・グリーン』(1973年・アメリカ映画)に見る-

正本 忍/169

●ナラティブの持つ力 -Reading Lolita in Tehran を読んで

松田雅子/187

●謡曲「諏訪」考 -風土と芸能-

若木太一/(1)

 

 

(⇒一覧に戻る)

access map

周辺地図

contact

お問い合わせ

国立大学法人
長崎大学環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

link

国立大学法人 長崎大学
長崎大学環境科学部同窓会緑友会(facebookページ)

PAGE TOP

▲ PAGE TOP

国立大学法人 長崎大学 環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

Copyright © Faculty of Environmental Science, Nagasaki University.
All rights reserved.