在学生の皆様へ

受講案内

修論研究の紹介

平成25年度修論題目

環境共生政策学専攻

●ジオパーク構想の導入過程にみられる住民と行政の意識―鹿児島県三島村を事例に―
●山村留学制度における子どもと地域コミュニティの交流に関する考察―居住形態の違いに注目して―
●日本における外来種による被害と対策に関する考察
●『呂氏春秋』における時令思想について
●北京における「胡同」の現状と課題

環境保全設計学専攻

●マハゼを用いた河口域の環境エストロゲン汚染評価に関する研究
●高濃度硫化水素を発生させる硫酸塩・有機物濃度条件の探索
●人々の暮らしの中の放射能の動態
●プロテオミクスによる銅嗜好性植物ヒヨスの特性解析
●鉛化合物経口摂取のラット中枢神経機能に及ぼす影響評価
●昆虫アンテナにおける触覚運動系の神経機構
●鉄欠乏ストレス下での双子葉植物の代謝変動
●マハゼ肝臓での女性ホルモン受容体発現に関する研究
●福島第一原発事故以降の様々な物に関する放射能分析
●昼食のエネルギー摂取制限が脂質代謝及び作業効率に及ぼす影響
●γ線を照射した発芽種子の根の伸長について
●長距離移動大気の遺伝子毒性評価とその発生源の推定

access map

周辺地図

contact

お問い合わせ

国立大学法人
長崎大学環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

link

国立大学法人 長崎大学

PAGE TOP

▲ PAGE TOP

国立大学法人 長崎大学 環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

Copyright © Faculty of Environmental Science, Nagasaki University.
All rights reserved.