新着情報

2021/06/18[お知らせ]

「カーボンゼロ社会実現のために ~長崎大学の研究紹介~」に環境科学部の研究内容が紹介されました

2020年10月26日、臨時国会の所信表明演説において、菅 義偉総理大臣は「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことを宣言しました。 このように「カーボンゼロ」、「脱炭素」などが社会のキーワードとなり、大学に期待される研究テーマとしてクローズアップされています。 長崎大学ではこのテーマに関する連載記事を今年の4月から開始しており、6月17日の長崎新聞朝刊の14面に、環境科学部の重富准教授 (環境システム学ゼミ) の研究が紹介されました。またこの記事をより詳しく説明した関連サイトも、全学HPに掲載されました。 両記事の中では、私たちの暮らしに関わるCO2をはじめとする温室効果ガスについて解説されています。

⇒長崎新聞記事はこちらをご覧ください。
⇒詳細な研究紹介はこちらをご覧ください。

2021/06/10[お知らせ]

精道三川台小学校児童への海ごみに関する授業とごみ拾いを実施(廃棄物分野からプラネタリーヘルスへの取り組み)

朝倉宏准教授(廃棄物資源工学研究室)が,6月7日(月)に伊王島において精道三川台小学校児童への海ごみに関する授業とごみ拾いを実施し,海の環境を守るための普及啓発を行いました。


⇒詳細はこちらをご覧ください。

2021/06/04[お知らせ]

アジア環境レジリエンス研究センター・ニュースレター第2号が発行されました。

AERRC・ニュースレター第2号では,「レジリエントな地域社会創生リーダー育成プログラム」の2020年度の活動を特集しています。

⇒詳細はこちらをご覧ください。(PDFが開きます。)

2021/05/17[お知らせ]

2021年度第1回環境科学部環境フィールドスクール「奥雲仙・田代原におけるミヤマキリシマの保全体験」が行われました。

2021年度第1回環境科学部環境フィールドスクールが5月9日(日)に行われました。

⇒詳細はこちらをご覧ください。(PDFが開きます。)

2021/05/11[お知らせ]

世界最速級で飛翔し、ほぼ空中で暮らす鳥類の地球規模の渡り経路を解明

令和3年5月10日、水産・環境科学総合研究科の山口典之准教授の研究グループの研究成果が、報道機関に公表されました。

⇒詳細はこちらをご覧ください。

access map

周辺地図

contact

お問い合わせ

国立大学法人
長崎大学環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

link

国立大学法人 長崎大学
長崎大学環境科学部同窓会緑友会(ホームページ)

PAGE TOP

▲ PAGE TOP

国立大学法人 長崎大学 環境科学部

〒852-8521 長崎市文教町1-14
TEL.095-819-2713
FAX.095-819-2716

Copyright © Faculty of Environmental Science, Nagasaki University.
All rights reserved.